体の臭いと病気の関係について!原因は何?

汗 病気

汗臭さが病気に関係していると聞くと気になりますよね。いつもとは違った自分の汗の臭いを感じることってありませんか?それは、何らかの病気のシグナルの場合もあります。さっそく臭いの原因をご紹介していきますね。

スポンサーリンク

体の臭いと病気の関係とは?

におい 原因

◆甘酸っぱい汗の臭い
糖尿病の心配がある方は、甘酸っぱい汗の臭いが要注意です。ケトン体という強い臭いの物質が発生するのが糖尿病で、血液中に送り込まれて汗として分泌されると甘酸っぱい臭いの汗になります。

◆おしっこの臭いの汗
腎臓の機能低下で旨く尿が出てこないと、おしっこの臭いの汗が出ます。腎臓の機能低下は、カラダの毒素や老廃物の排泄を困難にするので、血液中からその毒素が汗としてでてくるのです。

◆ドブやカビのような臭いの汗
肝臓の機能低下は、本当に嫌な臭いですが、ドブやカビのような臭いの汗になります。肝臓で分解されないといけない物質が汗としてでてくるのです。

◆卵の腐ったような臭いの汗
消化器系の病気の胃炎や十二指腸潰瘍などに掛かると卵の腐敗した臭いの汗がでますが、消化不良によって、食べた物の異常発酵によるのです。

そして女性に多い便秘症ですが、便が腐敗した臭いの汗がでます。腸内に溜まった便の有毒ガスによるものが原因です。さらに頭皮の臭いが脂臭いと脂漏性皮膚炎の場合があって、マラセチアというカビの一種が原因しています。

いかがでしたか?臭いによって原因や対処法が変わってくるので、一度チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加