デトックススープの保存方法や食べ方について 

デトックススープの保存方法

野菜から作ったスープがデトックスになるって知っていましたか?使う野菜は、タマネギ、セロリ、キャベツ、トマト、ニンジン、ピーマンの6種類です。魔法のスープと言われているのが、デトックススープで、飲んだ方からの効果への多くの評判が上がってきています。

スポンサーリンク

デトックススープの食べ方は?

⇒ デトックススープの作り方【動画】

デトックススープを飲むとダイエットになると聞くと実践してみたくなりますよね。勿論味付けをしますが、かつお節、鶏がらスープの素、天然塩などを使い、薄い味付けで十分 美味しく仕上がります。1杯分は約86キロカロリーですから低カロリーなのも女性にはうれしいポイントといえます!

でもこのデトックススープが生まれたのは実意は医療現場で、心臓手術を受ける患者さんように開発されたのでした。手術前にデトックススープを飲んで、体脂肪を減らしていくと手術しやすいというわけです。ダイエット効果があるから医療現場で使われてきたので、デトックススープが本当に効果を期待できるのは分かりますよね。デトックススープってカロリー値はかなり低くて、でも栄養価が高いので、スープを飲むだけでダイエットできるのは、嬉しいですよね。

デトックススープの保存方法について

スープの材料

毎日デトックススープを作るのは大変なので、「作り置きしたい!」というかたもいらっしゃるかもしれません。野菜は生モノなので毎日作る方が良いですが、保存をする場合は『鍋のまま冷蔵庫で保存して、毎日火を通す』か『保存容器に移して、冷凍保存する』方が良いです。

「2日で酸っぱくなった!」という人もいるようなので、まずは試してみてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加