塩抜きダイエット方法は3日で効果が!堀北真希も実践!

塩抜きダイエット

甘いものを食べすぎれば太る、というのが一般的な考えですよね。ダイエット中の方は特に甘いものを摂らないように努力しているはずです。しかし、甘いものばかりに気を取られていてはいけないようですよ。

そこでご紹介したいのが「塩抜きダイエット」です。塩抜きダイエット方法は、元女優の堀北真希さんや、篠原涼子さん、山下智久さんなど、多くの芸能人が実践し、体型の維持に役立てています。

塩抜きダイエット方法は3日で効果が出るともいわれているのですが、一体どのような方法なのでしょうか?期待できる効果や食事メニューなども含めて見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

塩抜きダイエットのやり方は?

塩抜きダイエット やり方
画像引用元:https://diet-hyakka.com/basics/without-salt-diet.html

体内に溜まった余分な塩分を体外に排出させ、太りにくい体質に改善していくのが「塩抜きダイエット」です。塩抜きダイエットのやり方は次の通りです。

~塩抜きダイエットの期間は「3日間だけ」~
塩抜きダイエットで守らなければいけない一番大切なことが「3日間だけ」という期間です。もしも3日以上続けると、ふらつき・脱水症状・精神障害・昏睡状態など、命の危険に関わる事態を引き起こしかねませんので、3日間だけという期間は必ず守って塩抜きダイエットを行いましょう。

~塩分を「断つ」のではなく摂取を「控える」~
「塩抜き」だからといって塩分を断てばいいのではありません。人間の体には1日に約1.3gの塩分が必要不可欠ですので、3日間、全く塩分を摂取しないと健康を損ないます。塩抜きダイエット中は、後で紹介する減塩料理のレシピなどを活用して塩分の摂取量を調節しましょう。塩分を多く含むインスタントラーメンやスナック菓子などは絶対に我慢して下さいね!

水分補給
画像引用元:http://pinky-media.jp/I0011431

~積極的に水分補給する~
体内に必要以上の水分が溜まると水分代謝が悪くなるのですが、その原因が塩分の摂り過ぎです。体内に溜まった余分な塩分も水分も体外に排出しなければなりません。その余分な物を排出するためにすることが、水分補給です。塩分摂取を控えて積極的に水分補給すれば、余分な塩分や水分は排出され、自然と水分代謝が良くなります。積極的に水分補給することで便秘解消にも繋がり、老廃物も除去できます。

水分補給の量の目安は1日約2Lです。アルコールやジュースなどではなく、「お水」を飲んで下さいね。水ばっかりは飲めないという方には、緑茶をおすすめします。緑茶には利尿作用のある「カフェイン」、血中コレステロールを抑え、脂肪燃焼効果もある「カテキン」が含まれていますので、ダイエット中には最適です。しかし、緑茶ばかりを大量に飲むと、カフェイン中毒になる可能性もありますので、あくまでも水を中心にして、たまに緑茶、という水分補給を心がけて下さいね。

カリウム 食材
画像引用元:http://www.tropicoco.jp/sp/method/index03.html

~食材を選ぶときは「カリウム」を含んだ物を!~
体内に溜まった塩分を排出させる働きをしてくれるのが「カリウム」です。塩抜きダイエット中の食生活には積極的にカリウムを含む食材を取り入れましょう。カリウムを多く含む食材の一例はこちらです!

・セロリ
・ほうれん草
・なめこ
・さつまいも
・大根
・れんこん
・アボカド
・バナナ
・リンゴ
 
~塩抜きダイエット後の食事も塩分控えめに~
塩抜きダイエット終了後、4日目以降の食事も、意識して塩分を控えるようにして下さい。頑張って余分な塩分を排出したのに、ダイエット以前のような塩分の多い食生活をすると、また体内に塩分が溜まり、痩せにくい体質に戻ってしまいます。せっかく努力したのですから、塩抜きダイエット後も塩分に気を使い、太りにくい体質を維持していきましょう。

どんな効果が期待できるの?

塩抜きダイエットを実践して期待できる効果には、次のようなものがあります。

ダイエットの効果
画像引用元:http://diet-de-yasetai.jp/sports/drowing

~体重減少~
人間の体は、体内に溜まり過ぎた塩分を薄めようとします。塩分を薄めるために体内に水分を蓄えます。塩分の多い食生活を続けていると、薄めても薄めても、どんどん外から塩分が入ってきますので、大量の塩分を薄めるために、体はどんどん水分を蓄えていきます。塩分を薄めようとする水分は排出されずに留まっていきますので、その水分が体重の増加に繋がります。

塩抜きダイエットをすることで塩分が減少すれば、それを薄める水分も減少します。塩分を薄める役割の無くなった水分が体の外へ出ていき、体重の減少に繋がります。

~スリムになる~
むくみの原因の一つが塩分の過剰摂取です。塩抜きダイエットで余分な塩分や余分な水分が体内から排出されると、むくみが解消され、体の中も、見た目も、スリムになるということです。

太りにくい体
画像引用元:http://www.groove-war.com/dietnews

~太りにくい体質になる~
体内に水分が溜まるとむくみが生じ、代謝を低下させます。塩抜きダイエットで体内の水の流れがスムーズになればむくみが解消して、血液の流れ、リンパの流れも良くなり、代謝があがります。代謝が上がると消費するエネルギーが増加するので、太りにくい体質になります。

~過食を防ぐ~
濃い味付けの料理は、美味しく感じます。味付けの濃いものはついつい食べ過ぎてしまう傾向にありますが、塩抜きダイエットで薄味の料理に慣れてくれば、自然と食べ過ぎを防ぐことができます。

~便秘解消~
便秘の原因はいろいろありますが、中でも水分不足は大きな原因となります。塩抜きダイエットで積極的に水分を補給することで、便秘の解消が期待できます。

~高血圧症の予防~
高血圧症の大敵は塩分です。その塩分を塩抜きダイエットで抑えていけば、高血圧症の予防になります。

成功レシピや食事メニューはこちら

ダイエットのレシピ
画像引用元:https://dietmenu.biz/dietrecipe-2-792.html

ダイエット中は糖分やカロリーに気を使いますが、味付けに関してはどうですか?味の濃い料理には塩分が多く含まれていることが多いのですが、実は、塩分の摂り過ぎが太りやすくなる原因をつくっているのです。塩抜きダイエット中の食事メニューの一例です。

・雑穀米
・ぶり焼き
・カリウムサラダ
・生姜スープ

塩抜きダイエットの成功レシピです。

~ぶり焼き~
ごま油でぶりを焼き、すりおろした生姜・レモン汁・コショウをかければ出来上がりです。スパイスがきいて、美味しいですよ!

~カリウムサラダ~
キャベツ(千切り)・アボカド・大根(千切り)・玉ねぎ・トマト・豆腐をサラダボールに入れ、レモン汁・お酢・ごま油・コショウを混ぜてかけます。さっぱりと美味しいサラダです。

~生姜スープ~
鰹節でとった出汁にレモン汁・無塩醤油・コショウ・ごま油を入れて沸騰させ、にんじん・キャベツをいれます。火が通ればすりおろした生姜を入れ、溶き卵を入れます。塩抜きでもとっても美味しいスープです。


塩抜きダイエットは危険なの?

塩抜きダイエット 危険
画像引用元:http://www.tenki.jp/suppl/m_yamamoto/2016/01/03/9161.html

塩抜きダイエットは、正しくルールを守って行えば、決して危険ではありません。「3日間だけ」という約束は必ず守って下さい。しかし、体調に異変が生じた場合は、3日経っていなくてもすぐに中断して下さい。また、真夏に塩抜きダイエットを行う場合は、熱中症に十分注意して下さい。涼しい環境を確保し、水分補給も意識してこまめに行うようにしましょう。

ダイエットでは糖分やカロリーばかりがクローズアップされてきましたが、塩分も深く関係していることがわかりました。塩を使わなくても美味しい料理がたくさんありますので、いろいろと挑戦してみてはいかがですか?塩抜きダイエットは、きちんとルールを守れば安全に行えるダイエットですので、一度、体の中から不要な塩分を取り除き、リセットしてみるのもいいかも知れませんね♩

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加