ショウガオールの電子レンジでの作り方や効能とは?副作用はないの?

ショウガオール

テレビ番組「ナイナイアンサー」でSKE48メンバーの鎌田菜月さんが『2週間の楽やせ ダイエットに挑戦!』ということでショウガオールダイエットに挑戦しました。ショウガオールとは生姜の辛み成分のことで、乾燥させたり加熱した時に作られます。

ダイエット効果以外にも身体に良い効果があったので、後半で詳しくご紹介していきますね。

スポンサーリンク

ショウガオールの効能や効果は?

ショウガオールの効能

◆血を巡らせ体を温める
体のすみずみまで血液を行き渡らせてくれる働きがあります。熱を体の内側から生成し体の心から温めゆっくりと冷えを解消していきます。

◆がん細胞の増殖、変異を抑制
がん細胞を強力な抗酸化力でがん細胞の増殖を抑える効果があります。活性酸素による細胞の突然変異を防いでくれてがん細胞に変わることを抑える効果があります。

◆ダイエット、美肌効果
美容面にも とっても効果が高いです。血行の改善が見込まれて新陳代謝も促進されます。ダイエット効果として腸内で吸収される脂肪を抑えることもあります。

電子レンジを使った簡単な作り方は?

電子レンジでの作り方

しょうがおろし(市販されているチューブのおろししょうがでもOK)をひたひたの水をいれラップをして電子レンジで温めます。水分が少ないと焦げやすくなるので水分はある程度あっても大丈夫です。

温める時間は500Wなら4分、750Wなら3分となっています。

ショウガオールは保存できるの?方法や期間は?

生姜の保存方法

しょうがをあらかじめすりおろして、それを清潔な容器に入れて保管するのはOKですが、加熱したものを大量に作り置きするのはNGです。

あまり長い期間でなければ保管も大丈夫です。

1日の摂取量や副作用について

生姜 摂取量

目安の摂取量は1日10gです。すりおろした場合は大匙1くらいですね。

身体に良い生姜ですが、食べ過ぎると副作用もでてしまいます。どうなるのかを説明していきます。

◆腹痛や下痢・胃腸の弱い人
食べ過ぎてしまうと消化器官に影響が出ます。もともと胃腸が弱い人や炎症を起こしてしまったことがある方は注意してください。腹痛や下痢、胸やけ、ガスがたまるといった症状がでることがあります。

◆皮膚の炎症 乾燥肌の人
熱を生み発散作用の効果があるので肌の炎症をしている方は悪化につながることもあります。

◆妊娠中の人
吐き気などのつわりにも効果はありますが食べ過ぎると流産してしまう危険性もあります。

◆血液がとまらない 薬を服用している人
血栓症など血液を固まりにくくする薬を飲んでいる人は止血作用を弱めることもあるので気を付けてください。


とても体に良いしょうがですが食べ過ぎてしまう逆効果にもなるので気を付けて1日の摂取量を守りましょう。ショウガオールは生のしょうがには含まれていないので必ず加熱してくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加